2016年03月28日

雨巻山の花(3月28日)

女性2人と久しぶりの雨巻山へ、花を愛でる登山。
珍しく空いていて、頂上には他には男性一人だけだった。

大川戸(9:10)→沢コース→足尾山→御嶽山→雨巻山→尾根コース→大川戸(14:00)
---------------------------------
シキミ
P1010044.JPG

P1010048.JPG
---------------------------------------------
カタクリ
P1010054.JPG

P1010052.JPG

P1010049.JPG
--------------------------------------------------
P1010056.JPG
--------------------------------------------------
P1010057.JPG
-------------------------------------------------
P1010058.JPG

posted by imajin at 15:13| 栃木 ☁| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

キジバトの抱卵


IMGP9688s-.jpg

IMGP9687s-.jpg
posted by imajin at 18:46| 栃木 ☁| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花壇づくり

仏花用の花壇を作った。

買った物
 花壇用の黒土 15リットル 5×@198
 石灰 798
 野菜用肥料 1480

 菊苗 お盆咲き小菊 3×@198
 ガザニア 3×@98

 じゃがいも 498
 サニーレタス 198
 ブロッコリー 198
 フリンジレタス 158

合計 5804円
posted by imajin at 15:14| 栃木 ☁| Comment(0) | 花壇&畑の手入れメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

キジバト


雉鳩のつがい離れず春景色

キジバトは必ずツガイで行動するのに今日は1羽だった。どうしたのかと見ていると、枯草を咥えて飛んで行った。
飛んだ先のヒマラヤ杉の茂みには巣があり、もう1羽いた。キジバトの巣作りは不器用で杜撰で心許ないが、うまくすると雛を見られるかもしれない。
posted by imajin at 21:03| 栃木 ☀| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

苔と芝の戦い

大きな木を切ると日照時間が変わるため植生も変わる。

IMGP9685.JPG
ここは苔ばかりだったが芝が浸食している。
posted by imajin at 20:34| 栃木 ☀| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

辛夷満開までもう少し

IMGP9684.JPG
posted by imajin at 20:25| 栃木 ☀| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

辛夷(2016−3−21)

IMGP9682.JPG
posted by imajin at 14:29| 栃木 ☀| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

ひたち海浜公園

地域スポーツ団体チャレンジクラブのバス旅行で、ひたち海浜公園へ。
ウオーキング7キロメートル。
水仙を撮ろうと一眼レフカメラを持って行ったが、SDカードが入ってなかった。
パソコンに取り込むとき、取り外すのを忘れていた。こういうとき頭の劣化を実感する。

写真はスマホで撮影。
20160320194527100.jpg

20160320194541405.jpg

昼食は那珂湊の市場で、刺身満載の海鮮丼1500円。
posted by imajin at 19:47| 栃木 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

辛夷(コブシ)

蕾が膨らんできた
IMGP9677.JPG

この辛夷の木は前の家の木。境界にある木を切ったので、南側にある庭師の庭を借景として使えるようになった。
IMGP9678.JPG

高い木は庭師の木。さすがに良く手入れしている。
IMGP9680.JPG
posted by imajin at 09:45| 栃木 🌁| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

『春の戴冠』終了

辻邦生『春の戴冠』(中公文庫kindle版)全4巻をようやく読み終えた。

  プラトン研究者「フェデリゴ」が回想する形式で、ボッティチェッリの生涯と創作活動を伝記風に書いた佳作。
  フィレンツェという町の盛衰(=メディチ家の盛衰)を生命体のそれとして捉え、ボッティチェッリの作風の変化とリンクさせている。モデルとなったシモネッタとの関係、『春』や『ヴィーナスの誕生』の中のギリシャ神話の寓意についても詳しい。

プラトンを読みたくなったが、イタリア旅行の予備知識として昨年の暮れから始めたルネサンス関係の読書は、ひとまず終わり。
辻邦生は奥が深そうだから、あとでもう少し読もう。
posted by imajin at 22:47| 栃木 ☁| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。