2007年12月17日

島田雅彦『彗星の住人』

島田雅彦『彗星の住人』(新潮文庫)

本屋で「まだ読んでない作家」「無機質な文体」という条件で適当に選んだ本。「無限カノン」3部作の1作目。

同じ日に適当に買った、筒井康隆・選『人間みな病気』(ランダムハウス講談社)にも偶然ながら島田雅彦の作品が収録されているから、私が知らないだけで、有名な作家なのでしょう。
(こういう偶然も人との巡り会いのようで面白い)

内容は蝶々夫人から始まる五代に渡る叙事詩的物語。その中に何気なく謎が挿入され、あとになって非現実が現実と結びつく形で謎が解き明かされる。フィクションをノンフィクションで味付けをしたようで、それは小説としてルール違反だろ!、と思わせるが、詐欺に遭ったようなその感覚が快感でもある。

と書いたが何のことか分からないでしょうね。詳しく書くとネタバレになるので、ぜひお読みください。「〜〜ゆえ。」で終わる文体が気になるものの、透明感があって、なかなか良い作品です。
posted by imajin at 23:14| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: