2007年11月27日

森巣博『セクスペリエンス』

森巣博『セクスペリエンス』(集英社文庫)

横文字のタイトルは『SEXPERIENCE』で、最初のSを取れば「経験」となり、「セックスの経験」の意になる。
外国の女流作家が書いた推理小説を翻訳したような文体と内容と雰囲気。
意図的にしているのか、不自然な日本語も使われている。
小説を読んだのは2作目だが、継続して読むほどの作家ではないような気がしてきた。
posted by imajin at 08:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: