2007年10月27日

全国学力テスト結果

学力テストの結果が発表された。
文部科学省が43年ぶりに小学6年生と中学3年生の全員を対象に実施した全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果について、県教委は24日、県内公立校の平均正答率などを発表した。本県は中3の国語B(応用)が74.0%で全国平均を2.0ポイント上回り8位となったが、ほかの科目はほぼ全国平均並だった。(25日下野新聞)


正答率%
     栃木県 平均(公立)  最高    最低
<小学>
国語A  81.7  81.7   86.1(秋田) 76.7(沖縄)
国語B  61.0  62.0   69.0(秋田) 53.0(沖縄)
算数A  81.1  82.1   88.4(秋田) 76.3(沖縄)   
算数B  62.1  63.6   68.6(秋田) 54.3(沖縄)
<中学>
国語A  82.7  81.6   85.7(富山) 74.3(沖縄)
国語B  74.0  72.0   77.0(秋田) 64.0(高知)
                    (富山)    (沖縄)
                    (福井)
数学A  71.9  71.9   80.3(福井) 57.2(沖縄)
数学B  60.6  60.6   67.6(福井) 47.6(沖縄)

s-IMG_1904-1.jpg最高と最低の差が科目によって20%もあるのと、都市部でなく日本海側の県が好成績なのが意外である。
県別の表を見ると、必ずしも地方が良いわけでもなく、生活習慣や県民の所得の違いでもなさそう。文科省の影響の強い教育界で、各県の教育委員会や教員の資質の違いがあるとも考えにくい。
テストに取り組む姿勢の違いで、県による差が生じたのだろうか。

<追記>
最高正答率に誤りがあったので訂正しました。(27日 9:58)
posted by imajin at 08:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: