2007年10月17日

『井上ひさしと141人の…』

井上ひさし『井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室』(新潮文庫)

1つの文を短くしなさい」や「”〜なので”、”〜ですが”を使うな」と書かれている、数十年来の癖なので修正するのは難しい。

言葉に対する感覚と、添削のうまさは流石。少し朱を入れるだけで、作文教室の生徒たちの文章が見違えるように変わっている。

posted by imajin at 08:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: