2007年09月12日

安倍首相辞意表明

敗戦で御破算となった戦前レジームは、60年を経て、政界では世襲議員の跋扈という形で戦後レジームを完成した。
それは民主主義の制度を利用した、新たな「貴族制」の形成であり、安倍の存在そのものが戦後レジームの所産と云える。
彼の言う「戦後レジームからの脱却」は、本来、彼自身に向けられ、彼の自己否定につながるべき性質のものであった。
今回の辞任騒動は、無能な人間が総理大臣になれてしまう「貴族制度」の当然の帰結である。
posted by imajin at 22:19| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: