2010年09月15日

民主党代表選結果

14日に行われた民主党代表選結果

【ポイント】
左から 党員・サポーター 地方議員 国会議員 ポイント合計

菅直人   249 60 412(206名) 721
小沢一郎   51 40 400(200名) 491


【党員・サポーター得票数】
菅直人 13万7998(60.5%)
小沢一郎 9万0194(39.5%)


【栃木県の党員・サポーター票】
左から有権者数 投票総数 菅直人 小沢一郎 無効票

1区 2051 1438 851 584  3
2区 2286 1722 832 888  2
3区  377  270 180  90  0
4区 1918 1393 447 942  4
5区  761  512 273 237  2
合計 7393 5335 2583 2741 11

【県関係国会議員の投票】
<菅直人> 玉木朝子 谷博之
<小沢一郎> 山岡賢次 福田昭夫 石森久嗣 田代郁
<無回答> 富岡芳忠


執拗なマスメディアのネガキャンの中で、小沢一郎の党員・サポーター・地方議員4割、国会議員5割の得票は善戦といえる。

短期的にはマスメディアの勝利だが、世論操作に影響されなかった層が4割あったということは、長期的にはマスメディア衰退の始まりだろう。

次にメディアが狙うのは、政権行き詰まりによる民主党の分裂、そして新自由主義の菅陣営と自民党・みんなの党との連立。
これから菅政権攻撃が激しくなると予想する。
posted by imajin at 08:48| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: