2008年08月24日

栃木トヨタカップ決勝

天皇杯栃木県代表決定戦。
栃木SCがJFL前期1位で県予選をシードされたので、栃木県から2チームの天皇杯出場となった。


日立栃木UVA 5−2 作新学院大学  
(前半4−0 後半1−2)

 後半、大量リードで集中が切れたのかUVAの足が止まり2失点したが、貫禄勝ち。
 FW三輪のシュート力と、栃木SCから移籍したMF石川の献身的なプレーが目立った。
 同じく移籍組のDF林も相手にパスするミスがあったが全体として安定した守備。

できあがっているチームに新しい選手が何人か入る形が、チームを強くするのだろう。
チーム、声だしサポ、ゲームを見る観客席の雰囲気が良く、雨の中でも観戦に集中できた。
栃木SCのゲームにない良さがある。


s-NEC_0004.jpg
posted by imajin at 16:49| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: