2016年08月30日

中国語単語のフラッシュカードの作り方(メモ)

中国語の単語を1400語ほど入力したのがあるので、それをフラッシュカードにした。
英語のカードなら手順は簡単だが、中国語は文字コードが絡むので手順が複雑。

Wordにカンマ区切りで、「日本語」「中国語」「テキストの単元」を入力済み。
  本,书 shu1,L6
結婚する,结婚 jie2 hun1,L7
の形式。(英字は発音、後ろの数字は四声)

Wordは簡体文字を文字化けせずに入力できるが、Excelでは文字化けする。

【使用ソフト】
パソコンとスマホを同期するには次の3つが必要。すべて無料。

Anki (http://ankisrs.net/) Windows Mac Linux版がある。
AnkiDroid (google playストアで入手)
  iOS用にはAnkiMobileがある。
AnkiWeb  同期のためのクラウドサービス(https://ankiweb.net/about
  1台のパソコン使用なら必要ない。
  ユーザー登録はメルアドとパスワードのみ。

単語ファイルをAnkiに取り込み、それをAnkiWebにアップし、次にAnkiDroidに読み込んで、スマホで使えるようにする。

【パソコンでの操作】
1)Word文書をテキスト形式(拡張子txt)で保存。
   日本語と中国語なので、文字コードを「Unicode(UTF-8)」に指定。
2)拡張子を「csv」に変更。

日本語と英語なら次の 3)の操作は不要。
3)Excelでは文字化けするので、LibreOffice (https://ja.libreoffice.org/ )を利用。
  LibreOfficeでCSVファイルを開き、2列目を選択してフォントを「Microsoft YaHei」にして文字化けを解消してから保存。

4)Ankiを開く
5)「単語帳を作成」→「ファイルを読み込む」でCSVファイルを指定。

ここまででパソコンで使えるようになった。

6)Ankiの右上の「同期アイコン」をクリックして、AnkiWebと同期する(=AnkiWebに保存)。

7)スマホのAnkidroidを開く。
8)同期(=AnkiWebからダウンロード)

以上。






  
 



posted by imajin at 14:18| 栃木 ☁| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする