2015年10月29日

山形・秋田・宮城・福島旅行

<10月25日>
那須ガーデンアウトレットで買い物してから、妹のところへ。

<10月26日>
東北道→山形道で、羽黒山五重塔
  神社に五重塔は神仏習合と廃仏毀釈の帰結でしょう。塔は杉の大木の間にあり、きらびやかではないが、端正な佇まいで、ほれぼれするほどの存在感に圧倒される。さすが国宝。
0$Images$23_100_PANAP1000773JPG.jpg

0$Images$25_100_PANAP1000775JPG.jpg

0$Images$27_100_PANAP1000778JPG.jpg
垂木が平行な純粋な和様建築

海岸を走り象潟へ
 芭蕉が「象潟や雨に西施がねぶの花」を詠んだところ。
 去年の11月に鬼籍に入った友人に、数年前に案内された場所。今回の旅の目的の一つは、鳥海山周辺で彼に案内されたルートを改めて辿ることだった。もちろん、同行した妻に私の好きな景色を見せる目的もあったが。

P_20151026_152738.jpg

海岸線を北上してから、東へ、それから南に回り込むようにして鳥海山山麓のフォレスタ鳥海へ。
ここは皇太子が鳥海登山のとき泊まったリゾートホテル。風景を切り取るように窓が配置され、空間が大きく、清潔で従業員の対応もいい。大浴場は貸切状態だった。アルカリ性で肌がスベスベする泉質。

<27日>
ホテルの敷地内のブナと白樺の林を散歩。新婚旅行のとき11月のフランスでバルビゾンの森を散歩したことを二人とも思い出したのが面白い。
ホテルの林.jpg

P_20151027_084126.jpg

0$Images$32_100_PANAP1000784JPG.jpg
チェックアウトして頂上に向かい、登山用の駐車場で折り返す。

由利本荘市の故人となった友人宅を訪問。奥さんと息子さんに変わりはなかった。急死だったので心の整理ができず、玄関で音がすると「あっ、帰ってきた」と錯覚するそうだ。

紅葉・黄葉の山に見惚れながら一般道で仙台市に向かう。
途中、湯沢市の岩井堂洞窟遺跡を見学。ありふれた山間の風景の中に縄文時代があった。
P_20151027_132527.jpg

P_20151027_132604.jpg

仙台駅東口のダイワロイネットホテル泊 
仙台市は通過してはいたが泊まるのは初めて。東北地方の中核都市だけあって活気がある。

<28日>
朝食後、ホテルから広瀬川まで歩く。
P_20151028_085115.jpg

途中にニッポンレンタカーがあり、ダークスーツに白シャツ、ノーネクタイで混雑していた。札幌でも見た光景で、ここを拠点に各地を歩くのだろう。

その後、妻の高校と大学時代の友人と待ち合わせ、駅ビルで早めの昼食。
自宅に帰る途中、福島市の妻の元同僚の家に寄ったのち帰宅。走行距離は1070キロ。 

 
posted by imajin at 20:59| 栃木 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟旅行(10月21日〜22日)

公民館主催・古典講座の研修旅行で、出雲崎、弥彦山へ。

<21日>
出雲崎で良寛と芭蕉がらみを見学。
P1000728.JPG

P1000739.JPG

出雲崎の昔の家並-------間口の大きさで課税されたので切妻屋根の妻に入口がある。これを「妻入り」という。
P1000732.JPG
それもあるだろうが、日本海からの強風対策もあったのだろう。

柏崎市椎谷地区の海岸
P1000754.JPG
岩室温泉泊

<22日>
弥彦神社
P1000763.JPG

ロープウエイで弥彦山へ。パノラマタワーに昇る。
P_20151022_104517.jpg

寺泊魚市場

posted by imajin at 19:39| 栃木 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

読書メモ

6月から9月で19冊読んだ。
今月になってから『介護ビジネスの罠』『火花』

『見捨てられた初期被曝』と『葬送 (2巻)』(ショパンの伝記)は、なかなか進まない。

posted by imajin at 07:30| 栃木 ☀| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。